読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

話しかけないでください。オタクのことが嫌いです

オタクの嫌いなところを列挙したり解説します。ときにはオタク達の矛盾を指摘します。話しかけてもいいですよ。でも。オタクのことが嫌いです。

AKB ~人間化するポストモダン~

この記事は前の記事(オタクの異常な愛情  ~萌え~)を前提としています。(長くなりすぎたので分割しました。)

ただ、単独でも読めるかもしれません。

 

……

 

 僕はオタクが嫌いです。オタクに絶望したとも言えます。

 しかしそんな僕も未だ希望を失くしていないと思うオタクがいます。それがAKBファンと腐女子です。今回はそのAKBについて、語ってみます。

 

AKB(あなたに恋する僕)

 AKB48は言わずと知れた超多人数アイドルグループです。

 そして僕はこの多人数というところに注目したい。なにが言いたいかというと、AKBはその超多人数制を取ることによって、ひとつの「社会」を構築しえている、ということを僕は言いたいのです。

 「社会」とは言い換えれば「他者」です。従来型の単独のアイドルでは、オタクとアイドルの関係は一対一もしくは一対多です。(もちろんこの多はオタク側です)

 一方でAKBではアイドル側も多となることで、多対多の関係をオタク達と結べている。つまりアイドル側に「他者」が存在し、そのことによってまた自分以外のオタク達も「他者」となることができるのです。

 どういうことか、見ていきましょう。

 

AKB総選挙

 AKBは非常に巧みに、オタク側からアイドル側への作用を一部開放しています。それは総選挙における投票の仕組みです。

 自分の好きなアイドルのランキングに自分が作用できる。しかもその手段が「CDを買う」などの主体的な行動によって無際限に行えるようになっている。この時点でまずアイドルは「作用できる対象」であり「他者」です。

 しかもランキングとして開示し、またファン同士で「俺はいくら買った」「俺はもっと買った」とコミュニケーションしてもらうことで競争が生まれる。そうして自分より買い、自分より貢献しえているオタク達への羨望のまなざしは、また自分への他者の羨望のまなざしでもある。つまり前回の記事での「欲求」であったアイドルへの萌えは、もはや「他者から欲望される」愛情である「欲望」へと変貌を遂げていると言えるのです。

 こうして、競争相手や羨望の対象、自分を羨望してくれる者として、自分以外のオタク達は「他者化」されます。

 

自由恋愛市場の再現

 またアイドル自身も様々な経路で他者化されています。

 AKBにおいてオタクとアイドルの関係が多対多となったことで、オタク側に「推し」の概念が生まれます。これはこれまでのアイドルでは「選ばれる側」そして「実際には絶対に選ばれない側」でしかなかったオタク達を「選ぶ側」にする画期的なシステムです。

 総選挙における投票はこの構図をさらに強度にします。また僕は行ったことありませんが(僕はAKBファンではありません)握手会でも同じようなことが繰り広げられていることでしょう。つまり、アイドル側がオタク達に「選んでほしい」と欲望するシステムができあがっている。ここでもまた「他者(アイドル)に欲望される」回路が働いているのです。

 こうして他者化されたアイドルとの握手は、単なる「アイドルとの握手」とは一線を画したものになります。それはもはや偶像ではなく他者としてのアイドルからの承認となり、やはりここでもまたオタク達の欲望を刺激するのです。

 更にまた別の経路も存在します。それはアイドル達にとってもAKBは「社会」であるということです。アイドルたちはAKBという社会の中で戦う個人であり ファイターです。そして彼女達本人がランキングの中で自己の地位を確立する欲望ゲームの参加者でもある。このアイドル達にオタク達が「憑依」しテレビゲームのように「操作」することで、アイドルを通した欲望ゲームをプレイできるように、総選挙などが設計されている。

 考えれば考えるほどよくできたシステムですが、僕にはそこにモデルがあるような気がします。

 それは「現実の恋愛」または「自由恋愛市場」です。

 現在の自由恋愛の市場は「選び選ばれ」の場であり、一旦そこから排斥されたオタク達が再び「選び選ばれ」できるのが、AKBという「場」です。

 そこには「他者」がいて、「それなりのハードル」を越えたときに「承認」や「羨望」を勝ち得ることが出来る。そこは「萌え」のような欲求ではなく欲望の場であり、自由恋愛市場の再現なのだと僕は考えます。

 

人間化するポストモダン

 東浩紀動物化するポストモダン』では人間と動物の違いが欲望と欲求の違いで説明されています。その上で物語上の欲求である「萌え」への傾倒を「動物化」と称するわけですが、これまで見てきたようにAKBに関しては欲求ではなく欲望が多分に働いている。ならばそれを「人間化」と呼んでもいいのではないかな、と思います。

 もっとも、実はこの本にはそのあたりも折り込まれている可能性はあるんですけどね。「動物化」はより正確には物語への欲求と非物語への欲望に支えられています。その欲望もまた、「大きな物語」の不在によりいつでも「降りられる」コミュニケーションに支えられている。

 ただAKBの場合はその欲望が物語により近い表層部分で駆動されているところはやはり特筆すべきだと思います。そしてまた、僕にはわかりませんが、もしAKBファンにとってのAKBというコンテンツ及びコミュニケーションが「降りられない」ほど切迫したものになっているのであれば、それもまた「動物化」の超克になるのではないかな、とも思います。

 

 さて、ここまでAKBによる「人間化」の過程を追ってきましたが、僕自身は「人間化」自体がうらやましいのではありません。そうした過程を経ることにより「何が嫌いかより何が好きかで自分を語れる」つまり「推せる」ようになっているAKBファン達が、今のアニメオタク達と比べてうらやましいな、と思うのです。

 これは腐女子についても言えることです。次はAKBとは逆方向とも言える進化を遂げた腐女子について語ってみましょう。

 腐女子 ~野生化するポストモダン~